発送代行とは?

発送代行とは?

発送代行とは、インターネット上で商品を販売している事業主からの依頼で、業者が代わりに商品の発送を行うことをいいます。

業者によってサービスには違いがあり、主なサービス内容は、在庫保管やピッキング、梱包、発送などです。

商品を保管するスペースが不要になることや、発送業務を行わない分の労力や時間を商品販売にあてられるなどメリットがあります。

依頼主がどんなことを頼みたいのか、業者がどのようなサービスを行っているのか、需要と供給が一致する業者に依頼するとよいでしょう。

メリットについて

メリットについて

メリットについて詳しくお話しします。

まず1つ目が、商品の開発や販売企画などに集中できるという点です。代行業者を利用すれば、発送業務にかかる時間や労力をほかの基幹業務にあてられます。発送数が多いほど負担を大きく減らせるので、必要に応じて代行の外注を検討しましょう。

ほかにも発送にかかるコストやリソースを削減できるというメリットがあげられます。また発送ミスを減らせる、発送業務に関する教育コストを減らせるなどというメリットもあります。

自社でできることを発送代行業者に依頼するのはもったいないと考える方もいるかもしれません。しかし時間や費用などの節約につながるので、必要に応じて利用を検討することも大切です。

デメリットについて

デメリットについて

便利に思える発送代行ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

具体的には、個人情報の漏えいリスクが高まることや、自社での発送業務に関するノウハウが身につかないことなどが挙げられます。

発送業務は、当然ながら送り先である顧客の個人情報を取扱います。自社で行う場合は社外秘として個人情報を取り扱いますが、業者に依頼する場合は必要な個人情報を渡すこととなります。そして、その分だけ個人情報漏えいのリスクが高まってしまうというデメリットがあります。

また、一度発送代行を利用してしまうと、自社での対応に戻すのは厳しいのが実状です。自分たちで発送してきた経験がないことからノウハウが育たず、外注しながら自社で発送に関わる新人教育をすることは簡単ではありません。よって、この点もデメリットと言えるでしょう。