外部リソースの活用

自社でネットショップを展開する場合には、サイトのページ作成や仕入れカスタマー対応など、仕事は多岐に渡ります。事業スタート時に費用や人員が不足していることは珍しくありません。

そういった理由から、外部にリソースを発注して任せることで、足りない部分を補ってもらうのも重要です。すべて自分でコントロールしようとすると、お店で力を入れるべきであるマーケティングの方が疎かになってしまい兼ねません。

外注を依頼する上で使いたいのが、発送代行などのサービスです。サービスを依頼すべきケースとして、人員不足や自社倉庫がないなどのマイナス要因をカバーする必要があるなど挙げられます。いずれは自分たちで受け持つことを目標にして、まず最初はインターネットショッピングのビジネスを軌道に乗せることから始めましょう。