発送時にかかるコスト

ネットワーク社会になって久しくなり、買い物をオンラインで済ませる時代になりました。店舗を持たずに物品の販売ができることからECサイトもずいぶん増えてきています。

ところが、店舗を持たないことで固定費がかからない反面、売れれば売れるほど物品の発送作業が煩雑化します。それに伴い物流にまつわる業務にかかる費用が増大するため、それらの業務をアウトソーシングしてしまうことを選ぶ事業者も増えています。

それでは、自社で発送した場合にかかるコストについて考えてみましょう。自社で担う場合には、運送費、梱包資材の購入費、在庫を保管する倉庫の賃料、発送作業を実施するスタッフの人件費と様々な名目で費用が発生します。商品が複数ある場合には、費用計算が難しい場合もあり、外注した方がかえって費用が分かり易くなることもあります。